社会への製品提供を通じた環境貢献

キオクシアグループの提供するフラッシュメモリやSSDは、さまざまな製品に組み込まれて社会で活用されています。当社は、大容量製品や低消費電力製品を提供していくことで低炭素社会の実現に貢献できると考え、さまざまな取り組みを行っています。

近年、AIやIoT、自動運転化の流れが加速する中で、フラッシュメモリやSSD製品の大容量化および高速化へのニーズが高まっています。当社はフラッシュメモリの高集積技術開発による大容量化を推進することにより、製造時と使用時の両面において容量あたりのCO2排出量削減に取り組んでいます。具体的には、製造時には容量あたりの使用電力量低減や使用材料削減、製品使用時には容量あたりの低消費電力化によるCO2排出量削減に貢献しています。

たとえば、今後の普及が期待される第5世代移動通信システム(5G)の分野においても当社のフラッシュメモリやSSDが大きな役割を果たすと考えています。5G社会では従来よりも高速で大容量のデバイスが必要になることが見込まれ、当社で提供している高エネルギー効率の大容量フラッシュメモリや低レイテンシSSDが社会におけるさまざまな分野で貢献すると想定しています。当社はこれからも高集積化技術開発による高エネルギー効率化と大容量化を最重要課題として推進していきます。

キオクシアグループ製品の貢献分野例

キオクシアグループ製品の貢献分野例 キオクシアグループ製品の貢献分野例

製品のエネルギー効率改善目標

キオクシアグループは、1987年に「NAND型フラッシュメモリ」を世界で初めて発明し、2007年に3次元フラッシュメモリ技術を世界で初めて発表しました。
私たちは、これらの高い技術力で製品の高エネルギー効率化をより一層進めてまいります。
具体的には、2017年度を基準*とした1GB処理あたりのエネルギー消費量を2025年度までに50%削減するという高い目標を掲げています。

  • 2017年に株式会社東芝のメモリ事業を会社分割により承継して東芝メモリ株式会社として事業を開始し、2019年キオクシア株式会社に社名変更しました。

エネルギー効率の改善

エネルギー効率の改善目標:2017年度を基準とした1GB処理あたりのエネルギー消費量を2025年度までに50%削減 エネルギー効率の改善目標:2017年度を基準とした1GB処理あたりのエネルギー消費量を2025年度までに50%削減

製品事例:薄型でエネルギー効率を向上させたUFS Ver. 3.1準拠の組み込み式フラッシュメモリ

当社は、ハイエンド・スマートフォンなどモバイル・アプリケーション向けに、当社前世代製品より薄型パッケージでエネルギー効率やシーケンシャルリード性能を向上させた、UFS(Universal Flash Storage)*1 Version 3.1インターフェースに準拠した組込み式フラッシュメモリ(UFS製品)を開発しました。

UFS Ver.3.1 準拠フラッシュメモリ製品イメージ

UFS Ver.3.1 準拠フラッシュメモリ製品イメージ UFS Ver.3.1 準拠フラッシュメモリ製品イメージ

本製品の容量ラインアップは256GBと512GBの2種類をそろえ、256GB製品は高さ0.8mm、512GBは高さ1.0mmと、パッケージ設計の最適化によりモバイル・アプリケーションなどで求められる薄型パッケージを実現しています。この薄型化により、256GB製品では当社前世代製品より約30%の封止樹脂削減ができました。また、本製品は当社3次元フラッシュメモリ第5世代「BiCS FLASH™」と独自開発した新コントローラの採用により、シーケンシャルリード時のエネルギー効率(1GB処理あたりの消費エネルギー)を当社前世代製品に比べて約10%改善しています。

モバイル機器など小型・省電力が必要なさまざまなアプリケーションにおいて、高性能化・大容量化のニーズが拡大しており、組み込み式フラッシュメモリであるUFSは、今後も成長が期待されています。

  1. UFS (Universal Flash Storage):JEDECが規定する組み込み式フラッシュストレージの標準規格。シリアルインターフェースを採用し、全二重通信を用いているため、ホスト機器との間でのリード・ライトの同時動作が可能。
  • 本製品の表示は搭載されているフラッシュメモリに基づいており、実際に使用できるメモリ容量ではありません。メモリ容量の一部を管理領域等として使用しているため、使用可能なメモリ容量(ユーザー領域)はそれぞれの製品仕様をご確認ください。
  • 社名・製品名・サービス名は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。

製品事例:エンタープライズ向けSSD「KIOXIA PM6シリーズ」

キオクシアは、24G SASインターフェースに対応したサーバー / ストレージシステム向けエンタープライズSSD 「KIOXIA PM6シリーズ」を製品化しました。
この「KIOXIA PM6シリーズ」は、前世代の「KIOXIA PM5シリーズ」で採用している12Gbps SASインターフェースの約2倍の転送能力を持つ24G SASインターフェースを採用したエンタープライズSSDとなります。SAS対応のエンタープライズSSDとして、最大4,150MB/sのシーケンシャルリード性能と、業界最大容量*1の30.72TB*2を実現しました。
また、コントローラの微細化による省電力化、電圧制御の改善などにより前世代と比較して、128KBシーケンシャルリードのエネルギー効率は約93%向上しています。

エネルギー効率を改善したエンタープライズSSD:KIOXIA PM6シリーズ

エネルギー効率を改善したエンタープライズSSD:KIOXIA PM6シリーズ エネルギー効率を改善したエンタープライズSSD:KIOXIA PM6シリーズ
  1. 2020年6月16日現在、SAS対応エンタープライズSSDとして。キオクシア株式会社調べ。
  2. 記憶容量:1ギガバイト(1GB)=1,000,000,000(10の9乗)バイト、1テラバイト(1TB)=1,000ギガバイト(GB)による算出値です。しかし、1GB=1,073,741,824(2の30乗)バイトによる算出値をドライブ容量として用いるコンピューターオペレーティングシステムでは、記載よりも少ない容量がドライブ容量として表示されます。ドライブ容量は、ファイルサイズ、フォーマット、セッティング、ソフトウェア、オペレーティングシステムおよびその他の要因で変わります。
  • 社名・製品名・サービス名は、それぞれ各社が商標として使用している場合があります。