環境負荷の状況、環境目標、実績

環境負荷の状況

キオクシアグループの製品製造時の環境負荷(マテリアルバランス)は下表の通りです。社会の情報インフラ需要の拡大に伴い、当社の生産能力を増強しているため、環境負荷は増加傾向ですが、さまざまな環境負荷低減活動で影響を抑える取り組みを続けています。

製造拠点のうち、四日市工場の詳細な環境負荷、負荷低減の活動については、「四日市工場環境報告書」をご覧ください。

投入

※表を左右にスクロールすることができます。

  2018年度 2019年度 2020年度
化学物質*1 (t) 47,661 47,147 56,418
  - VOC*2 (t) 15,031 14,208 16,985
  - PRTR*3 (t) 6,220 5,946 7,214
市水*4 (千㎥) 78 30 59
工業用水*4 (千㎥) 19,463 19,766 22,764

排出

※表を左右にスクロールすることができます。

  2018年度 2019年度 2020年度
温室効果ガス (千t-CO2) 2,065 2,186 2,365
化学物質*1 (t) 653 518 639
  - VOC*2 (t) 623 479 599
  - PRTR*3 (t) 2 3 3
廃棄物 (t) 80,203 81,211 93,914
  - リサイクル量 (t) 56,309 61,268 67,925
排水量 (千㎥) 14,777 14,733 17,300
NOx (t) 28.0 27.0 28.7
SOx (t)
  1. 削減対象物質。
  2. VOC:揮発性有機化合物。光化学スモッグを引き起こす光化学オキシダントの原因物質となるIPA、酢酸ブチル。
  3. PRTR:化学物質排出移動量届出制度。有害性のある化学物質(亜鉛の水溶性化合物、2-アミノエタノール、銀およびその水溶性化合物等)がどのような発生源からどれくらい環境中に排出されたか、あるいは廃棄物に含まれて事業所の外に運び出されたかというデータを把握、集計し、公表する制度。
  4. すべて淡水。

目標と実績

キオクシアグループは、持続可能な社会の実現に貢献すべく環境目標を策定し環境活動に取り組んでいます。下表はキオクシアの2020年度の環境目的目標の計画達成状況です。2020年度もフラッシュメモリ製造工場における組織横断的な省エネルギー活動の推進や化学物質取扱量・廃棄物量削減の努力が寄与して、すべての計画を達成しました。また、従業員参画型の活発な社会貢献活動や生物多様性活動を製造工場を中心に展開しています。

数値目標(エネルギー起源CO2排出量削減以外)は、記憶容量の生産高を表すGB(ギガバイト)の原単位の改善率(2013年度基準)で環境負荷の削減を進めてきました。事業計画の拡張(製造ライン拡張)に伴い、環境負荷が前年比で増えることを予想していますが、引き続き、組織横断的な負荷低減の施策を推進していきます。

※表を左右にスクロールすることができます。

環境目的・目標 2020年度 計画 2020年度 実績 2020年度達成状況
社会の環境負荷低減に貢献する製品提供 微細化による製品と製造プロセスの環境負荷低減 3施策 / 年
以上
3施策
地球温暖化防止の推進 エネルギー起源CO2排出量削減 17,686
t-CO2以上
20,103
t-CO2
PFC排出量
(2013年度基準)
68.9%以下 63.9%
資源の有効利用推進 廃棄物量
(2013年度基準)
32.6%以下 31.9%
廃棄物総排出量
(2013年度基準、有価物含む)
23.0%以下 22.4%
水受入量
(2013年度基準)
25.5%以下 24.8%
環境リスク低減 化学物質排出量
(2013年度基準)
23.2%以下 21.7%
生物多様性保全 生物多様性保全 指標種の定期的測定 指標種定期測定
環境コミュニケーション推進 社会コミュニケーション チャリティーエコバザー、資源物回収 / 寄付など チャリティーエコバザー、資源物回収 / 寄付など実施
地域コミュニケーション サイト地域コミュニケーション サイト地域コミュニケーション実施
(地元自治会との協議など)
環境意識向上 環境意識の向上 意識向上施策 意識向上施策(環境月間行事など)実施

資源有効活用

当社の工場の規模拡大に伴い廃棄物の発生量は増加傾向ですが、製造プロセスの改善等により薬品・ガスの使用量削減を推進しています。
また、発生した廃棄物のリサイクルや有価物化の拡大に積極的に取り組んでいます。

蛍石の回収と再利用

製品製造時に発生する廃棄物を処理することで、資源として回収・有価物化し、埋め立て廃棄処分量を削減しています。製造工程で発生するフッ酸廃液を人工蛍石製造設備で処理し、フッ化カルシウム(人工蛍石)として回収することにより、フッ酸含有汚泥を約3割削減しました。回収したフッ化カルシウムは、輸入天然資源である蛍石の代替として、フッ素系製品メーカにおいてフッ素系材料となります。この取り組みによって、希少資源である蛍石の輸入量削減にも寄与しています。

廃棄物のリサイクル(フッ化カルシウム) 廃棄物のリサイクル(フッ化カルシウム)