環境経営

キオクシアグループは、環境への取り組みを経営の最重要課題と位置づけ、関連法令の遵守、環境負荷低減に貢献する製品の開発、および国際的な枠組みに沿った温室効果ガスの排出削減などバリューチェーン全体を通した環境負荷低減に取り組んでいきます。

環境経営に関する方針

キオクシアグループは、環境に関する基本的な考え方を示した「キオクシアグループ環境方針」を定め、グループ全体で共有しています。

キオクシアグループ環境方針

理念

キオクシアグループは、貴重な地球環境を未来に引き継いでいくため、事業を通した価値創造と環境の維持向上を推進し、持続可能(サステナビリティ)な社会の実現に貢献いたします。

方針

キオクシアグループは、環境への取組みを経営の最重要課題の一つと位置づけ、環境法規制の要求事項の遵守と汚染防止、情報インフラを支えるメモリ製品とその応用製品、および関連するソフトウェア製品の提供とバリューチェーン全体を通した環境負荷低減、国際的な枠組みに沿った計画的な製造時の温室効果ガス排出削減に取り組んでいきます。また、監査の実施や活動のレビューにより環境マネジメントシステムの継続的な改善を行い、効果的な運用を推進します。

実行(エクセキューション)

  1. 高容量化、小型化、省電力化による製品開発、製品の環境事前評価、および原材料の適正管理と使用量削減を行い、メモリ製品とその応用製品、および関連するソフトウェア製品の社会への提供を通じて、社会の環境負荷低減に取組みます。

  2. 省エネルギー技術の開発、生産性の向上、動力及び製造設備を中心とした省エネルギー施策、クリーンエネルギー導入の検討など、温暖化ガス排出量削減の取り組みにより地球温暖化防止を推進します。

  3. 循環型社会構築のために生産性の向上、省資源型技術の開発など、3Rの取組みを積極的に進めます。水資源の有効活用の観点では、工場立地周辺の豊かな水資源を大切に使い、きれいにして自然に還します。

  4. 使用する化学物質の管理ならびに特定した化学物質の削減に係わる技術の開発、取扱量及び環境排出量の削減施策の実施、汚染防止の取り組みにより環境リスクの低減を実現します。

  5. 生物多様性の保全を行うために、事業活動が生物多様性に及ぼす影響の低減を図り、関連する社会貢献活動を推進します。

  6. 環境広告・展示会やメディアを通じた、メモリ製品とその応用製品、および関連するソフトウェア製品の省エネルギー技術などの情報発信、地域・社会との協調連帯により、ステークホルダーとの相互理解の促進に取組みます。

  7. 組織の従業員の環境意識を高め、環境に配慮した企業活動を従業員全員で実行します。

この環境方針は、社内外に開示するとともに本組織で働くすべての人々に方針を周知し、方針に沿った企業活動を推進します。

2020年2月1日
キオクシアホールディングス株式会社
代表取締役社長
早坂 伸夫

環境経営推進体制

キオクシアでは環境経営を推進するため、生産技術推進部内に環境企画推進担当を設置しています。環境企画推進担当は、社会課題や社内の環境施策に対する戦略の企画立案や、国内外の事業場、製造拠点から収集した環境関連のデータ取りまとめを行うとともに、環境マネジメントレビュー(実施責任者:社長、メンバー:執行役員他)を半年ごとに開催し、環境にかかわる諸施策について審議しています。その中でも重要な事項については、2021年5月以降はサステナビリティ推進委員会およびサステナビリティ戦略会議を通して、取締役会に報告・審議する仕組みとしています。

キオクシアグループの環境経営体制

キオクシアグループの環境経営体制 キオクシアグループの環境経営体制

環境マネジメントシステムの推進

キオクシアグループでは、本社事業場および国内製造拠点、海外製造拠点であるSolid State Storage Technology Corporationにおいて、ISO14001:2015認証を取得しています。

環境に係わる教育・啓発

キオクシア国内グループは、環境関連法令に基づく法定教育に加えて、新入社員やキャリア採用者等を対象に環境教育を行っています。また毎年すべての従業員(派遣社員を含む)および役員を対象にe-ラーニングで環境教育を実施しています。