品質管理

キオクシアグループでは、安全で安心してご使用いただける製品をお客様に提供することを最大の使命と考え、品質の管理、向上に努めています。あわせて、製品安全および製品セキュリティ対応、お客様への品質情報の開示に努めています。

キオクシアグループの総合品質保証方針

品質方針

キオクシアは、最先端メモリ技術とサービスを開拓し続けることで、人々のくらしを豊かにし、社会の可能性を広げるという経営理念に則り、創造的な技術と持続的な価値追求により、お客様の要求事項に適合する高品質・安全・環境に配慮した製品を提供します。

  1. 法令・規制要求事項を遵守し、お客様の要求する品質信頼性を満たした製品の製造を供給します。
  2. 設計・開発段階から量産段階において品質の作りこみを行い、製品安全の確保、環境への配慮並びに技術レベルの向上に積極的に取り組みます。
  3. 真因追及による本質改善を目指すとともに、品質マネジメントシステムの継続的な改善を行います。

品質保証行動基準

  1. お客様の立場に立った品質の確保を行います。
  2. 関連する法令と契約を遵守するとともに、お客様と第三者の権利を尊重します。
  3. 全品良品を目指す品質システムを確立し維持します。
  4. 全部門、全員参加で品質の作りこみを行います。
  5. 真因の追及による本質改善とリスク分析よる未然防止を目指します。
  6. 情報を収集・分析し、適切に開示して、品質事故の発生防止に取り組みます。

製品安全・製品セキュリティに関する行動基準

  1. 国内外の製品安全、製品セキュリティに関する法令を遵守します。
  2. 製品事故の情報を積極的に収集し、適切に開示します。
  3. 法令に基づき製品事故を迅速に所管官庁に報告します。
  4. 製品の回収・改修の実施について、迅速にお客様に告知します。
  5. お客様の安全を確保する使い方の啓発や注意喚起、警告表示を行います。
  6. 事故原因を徹底的に分析し再発防止を図るとともに、設計段階でリスクを予測して事故の未然防止に努めます。
  7. 製品出荷前に脆弱性の解消に努めます。
  8. 製品の脆弱性情報を広く収集し、リスク低減対策を行います。
  9. 製品セキュリティ対策の提供は、関係機関と連携して広く周知を図ります。

品質推進体制

キオクシアグループは、品質にかかわる活動を強化するための推進体制を整備しています。品質最高責任者である社長のもと、品質責任者、事業部長、技師長、工場長、各部門長らが参加する品質会議を半年ごとに開催し、品質にかかわる重要事項について審議・方針決定をするほか、品質マネジメントやリスク対策の適正性・妥当性を評価しています。会議で決定した事項を各事業部に展開し、徹底しています。

総合品質保証体制

総合品質保証体制 総合品質保証体制

製品事故など発生時の対応体制

市場で発生した重大品質事故情報(CPL*1事故)は、「CPL事故情報対応窓口」を通じて、キオクシアの品質最高責任者である社長、または品質責任者が把握し、「QS*2リスク委員会」に諮って必要な措置を講じます。
2020年度に重大品質事故は発生していません。

  1. CPL: CL(契約に基づく品質保証責任)とPL(製造物責任)を合わせた略称
  2. QS: Quality & Safetyの略

製品事故など発生時の対応体制(キオクシアグループ)

製品事故など発生時の対応体制(キオクシアグループ) 製品事故など発生時の対応体制(キオクシアグループ)

QMS(品質マネジメントシステム)の向上

キオクシアグループでは、品質マネジメントシステムのベースとなるISO9001や、ISO/IATF16949などの認証取得を基本に、規格要求事項の適合性だけでなく、その有効性を高める取り組みとして、QMS8原則などに基づいた成熟度評価を実施しています。

設計品質の改善

キオクシアグループでは、設計段階での品質向上に向け、設計業務を中心にFMEA(Failure Mode and Effects Analysis)活動を推進し、品質事故の未然防止を図っています。この活動は故障モードといわれる故障や不具合を事前に予測し、品質の向上をめざすもので、開発の上流段階において、製品のデザインやプロセスを対象に実施しています。FMEA活動の裾野を広げるための実践教育を行い、FMEAの質向上に取り組んでいます。

品質に関する情報開示

キオクシアグループでは、品質に関する情報をウェブサイトで公開しています。

  • 品質ガイドライン
  • 信頼性ハンドブック
  • 取扱い上のご注意とお願い
  • 略語集