四日市工場がRBA監査でプラチナ・ステータスを取得

2022年3月15日
キオクシアホールディングス株式会社
キオクシア株式会社

キオクシア株式会社は四日市工場(三重県四日市市)における2022年1月のRBA*監査にて、最高位のプラチナ・ステータス認証を取得しました。

 

キオクシアグループはサステナビリティを経営戦略の中で最も重要な取り組みの一つと位置付け、昨年7月にRBAに加盟し、本年1月に四日市工場でRBAの認証する第三者機関による監査を受審しました。その結果、監査項目である労働、安全、環境、倫理、マネジメントシステムにおいて適正な管理が認められ、最高得点である200点満点を獲得し、RBA認証プログラムにおける最上位のステータスであるプラチナを取得しました。

 

キオクシアグループでは、2021年12月にキオクシア岩手株式会社がRBA監査でプラチナ・ステータスを取得しています。

 

キオクシアグループでは、今後もステークホルダーの皆さまに信頼されるグループを目指し、サステナビリティ経営に真摯に取り組んでまいります。

RBA監査プログラムの認定書

RBA監査プログラムの認定書

* RBA(Responsible Business Alliance(責任ある企業同盟) 本部:米国バージニア州)について

 

グローバルなサプライチェーンにおいて労働者およびコミュニティの権利と福祉を支援する非営利組織で、北米、ヨーロッパ、アジアなど世界各地に拠点を持っています。RBAは行動規範を示しており、継続的な改善をサポートするためにさまざまなプログラムやトレーニング、評価ツールを提供しています。現在までに400社以上の企業・団体がRBA、Responsible Minerals Initiative(RMI)、Responsible Labor Initiative(RLI)、Responsible Factory Initiative(RFI)に加盟しており、合計年間収益は7.7兆ドル超、直接雇用の労働者数は2,150万人以上、製品は120以上の国で製造されています。

 

詳細はRBAのウェブサイトをご参照ください。
http://www.responsiblebusiness.org/