ステークホルダーの皆さまへ

CEOメッセージ

「記憶」で世界をおもしろくする、

キオクシアグループは社会に価値を

提供し続けます

 

キオクシアホールディングス株式会社

代表取締役社長

早坂 伸夫

昨今、地球規模での気候変動や環境負荷などの環境問題、新たな感染症の脅威、さまざまな格差などの社会課題が増大し、持続可能な未来をつくるための根本的な解決策が求められています。

 

一方で、デジタル技術の発達は人々の生活に変革をもたらし、さまざまな社会課題の解決に貢献してきました。さらなる社会の発展のためにAI、IoT、ビッグデータなどの分野で技術的なイノベーションを創出していくことが期待されており、私たちが提供する半導体メモリは、デジタル社会を支えるために、もはや必要不可欠なものになっています。

 

この度の新型コロナウイルス(COVID-19)感染症の猛威はさまざまな社会課題を浮き彫りにし、当社としても社会の新常態(ニューノーマル)への対応や働き方など、私たちの事業の社会への関わり方を見直す大きな契機になりました。

 

このような社会の変化の中、キオクシアグループはサステナビリティを経営戦略の中で最も重要な取り組みの一つと位置付けています。サステナビリティ・マネジメントをさらに進化させるために、これまでのCSR推進委員会を発展させたサステナビリティ会議体を設置し、経営層が中長期的な経営戦略を決定するため、重要な非財務資産の特定や目標の設定について協議する体制に見直しました。

 

特に、国際社会にとって喫緊の課題である脱炭素社会の実現に貢献するため、当社グループの事業所において2040年度までに再生可能エネルギーの比率を100%とする目標を設定し、その達成に向けグループ一体となってあらゆる施策を行っていきます。

 

キオクシアグループが「『記憶』 で世界をおもしろくする」というミッションのもと、パートナーの皆さまとともに、世界中の人々の暮らしをより豊かなものに変えて、創造的で心弾む世界の実現に貢献すべく、私が先頭に立ってサステナビリティへの取り組みを主導していきます。

サステナビリティ責任者のメッセージ

社会に価値を提供し続けるため、

キオクシアグループのサステナビリティを

推進します

 

キオクシアホールディングス株式会社

副社長執行役員

サステナビリティ責任者

渡辺 友治

キオクシアグループは、スマートフォン、サーバーをはじめ、多くの電子機器に不可欠な半導体メモリを供給し、世界中の人々の暮らしに利便性をもたらしてきました。今後も変化し続ける社会のニーズを把握し、技術開発、オペレーションの改善・革新を進めて付加価値のある製品やサービスを提供することで、持続可能な社会の発展に貢献していきます。

 

一方で、私たちのビジネスは日々グローバル化が進み、国際社会で解決すべきさまざまな課題があります。国連で採択された「持続可能な開発目標(Sustainable Development Goals :SDGs)」への参画や、パリ協定で合意された温室効果ガス排出量削減への貢献、金融安定理事会により設置された「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」への対応、グローバルサプライチェーンにおいて社会的責任を推進する企業同盟である「Responsible Business Alliance(RBA)」への加盟など、企業に対する社会からの期待や要請が確実に高まりつつあります。

 

これらの期待や要請に応えるべく、深化したサステナビリティ体制のもとで議論し、当社は2021年6月にTCFDへの賛同を表明するとともに、同年7月にはRBAに加盟しました。また、気候変動を重要な社会課題ととらえ、その対策を強化するために、2040年度までにグループ事業所における再生可能エネルギーの比率を100%とする目標を達成するため、さまざまな施策を推進していきます。

 

私たちは法令や社会規範を遵守することはもちろん、社会に「記憶」で価値を創りだすために、今後もステークホルダーの皆さまに信頼されるキオクシアグループを目指し、サステナビリティ活動に真摯に取り組んでまいります。

持続可能な社会の発展に貢献するためのキオクシアグループのサステナビリティ活動をご紹介します。

キオクシアグループは、ステークホルダーの皆様の要請や関心に応えるため、CSR活動に関する情報を開示しています。

キオクシアグループの事業が社会課題の解決に向けてどのような貢献をしているかご紹介します。