環境表彰

キオクシア株式会社の受賞歴と社外からの評価を以下に紹介します。

CDPへの環境情報開示結果(2019年度)

当社は2019年度に、世界最大規模の環境情報評価機関であるCDPへ初の回答を実施しました。当社回答内容の評価結果は以下の通りです。

  • CDP気候変動:企業の気候変動に関するリスク・機会の内容や対応状況等を評価しています。
                               2019年度、当社はB(マネジメントレベル)評価を受けました。
  • CDPウォーター:ウォーター・スチュワードシップに関する企業の取組み状況等を評価しています。
                                   2019年度、当社はB(マネジメントレベル)評価を受けました。

 

CDPロゴ

CDPについて:CDPは2000年に設立された気候変動や水リスクなど環境分野に取り組む国際NGOで、気候変動などが企業に与える経営リスクの観点から、世界の主要企業から質問書を用いて情報収集し、集まった回答を元に最高評価の「A」から「D-」までの8段階で評価します。2019年は8400を超える企業から回答を得て、500を超える機関投資家に情報提供されています。

四日市市環境活動賞を受賞(2019年度)

キオクシア四日市工場は、2019年12月に四日市市から「四日市市環境活動賞」を受賞しました。この表彰は、環境保全への意識高揚のため四日市市が2015年に創設したもので、当社四日市工場の地域や行政と連携した取り組みを評価いただきました。

2006年からは、近隣小学校(2~3校)を対象に環境出前授業を行っています。家庭でできる省エネ活動などを話し合い、発表することで地球温暖化など環境問題への「気づき」を促すことを目的としており、累計受講者数は3,000名に達しました。

2007年からは、カレンダー、手帳、ペットボトルキャップ、コンタクトレンズの空ケースなどの資源物を回収し、その売却益を行政やNPOに寄贈する活動を行っています。

2017年からは、四日市西高校、三重県、当社の三者で「みえ生物多様性パートナーシップ協定」を締結し、フクロウ観察機材の提供・設置などを通じて、四日市西高校によるフクロウ保護活動を支援しています。

今後も、当社では、地域社会に根差した環境保全活動を展開していきます。

四日市市環境活動賞を受賞(2019年度)

NPO法人 Reライフスタイルの「功労賞」を受賞(2018年度)

キオクシア四日市工場は、2018年5月にペットボトルキャップ回収事業団体であるNPO法人 Reライフスタイルから「功労賞」を受賞しました。
ペットボトルキャップは、500個につき1人分のポリオワクチンに換えることができます。四日市工場は、年間100万個を超えるペットボトルキャップを回収し、寄贈しています。
工場内での収集には東芝環境ソリューション(株)、神奈川県にあるReライフスタイルへの配送には東芝ロジスティクス(株)に協力していただきました。
今後も、世界中の子どもたちの成長に貢献できるよう、工場全体でこの活動を継続していきます。

NPO法人 Reライフスタイルの「功労賞」を受賞(2018年度)

PAGETOP