地域社会の発展支援

基本的な考え方

キオクシアグループは、地域社会との共生が良き企業市民としての責務と考えています。「記憶」の技術で社会を豊かにすることを目指して、地域社会や政府・自治体、NPO・NGOなどとの対話を図りながら、当社の技術や製品・サービス、ノウハウ、従業員などの資源を活かして、地域社会の課題に取り組みます。特に、事業を展開する地域社会の活性化、および科学分野における次世代の人材育成に注力しています。

推進体制

キオクシアグループでは、総務部門が地域貢献活動を担当しています。事業活動を展開している各拠点において、地域社会と積極的にパートナーシップを築き、地域貢献活動を行うとともに、従業員の社会参画も推進しています。

地域雇用・取引の促進

当社は、地域社会の活性化に貢献するため、地域雇用や地域企業との取引など、地域に根差した活動を展開しています。

ボランティア休暇制度

当社では、地域貢献活動への従業員の参加を支援するために、ボランティア休暇制度を導入しています。従業員は、積立休暇(使用期限が過ぎて失効した有給休暇最高20日分を積立てたもの)を使用してボランティア休暇を申請・取得することができます。

主な活動実績(2019年度) 

次世代の理系人材育成への貢献

キオクシアグループは、将来を担う理系人材育成に貢献するために、科学技術やものづくりへの関心を高めるさまざまな体験の場を提供しています。2019年度は、理科授業やワークショップを各地で実施し、小学生から大学生までを中心に約2,000人が参加しました。

四日市こども科学セミナーへの出展

キオクシアは、2019年8月に四日市市文化会館で開催された四日市こども科学セミナーに出展しました。

「実感サイエンス『ものづくりのまち四日市』」と題して開催されたセミナーでは、「メモリってなぁに」のタイトルで、約120名の参加者を対象に、四日市工場やメモリの紹介、記憶にまつわるクイズ出題などを行い、参加した子ども達は積極的にクイズに答えるなど、大変盛り上がりました。中でもクリーンスーツの試着はとても人気で、普段経験ができない体験を楽しんでいました。

四日市こども科学セミナーの様子

その他、四日市工場近隣地域における地域貢献活動はこちらをご覧ください。

女子中高生夏の学校への出展とキャリア支援

女性活躍推進の一環として、キオクシアは2018年から、国内最大級の女子中高生の理系進路選択支援事業「女子中高生の夏の学校(夏学)」に出展しています。「世界はメモリであふれている」のコンセプトの下、フラッシュメモリが身近な生活においてさまざまな形で利用されていることや、その仕組みを説明。参加者から「メモリってすごい!面白い!」「フラッシュメモリの動作原理について教えてほしい」といった声が挙がるなど好評を博しました。

また当社は、中高生が現役の女性技術者にキャリア相談をするブースを設けました。大勢の女子生徒から進路選択についての悩みや相談を受け、当社の女性技術者からは、実体験をもとにしたアドバイスをしました。

今後も当社は、次世代の理系人材育成のため、科学技術やものづくりのおもしろさを体験する場を提供していきます。

高校生のキャリア相談に乗る現役技術者

女子中高生夏の学校(夏学)は、女子中高生夏の学校実行委員会(2018年)、独立行政法人国立女性教育会館(NWEC、2018年~)、NPO法人女子中高生理工系キャリアパスプロジェクト(GSTEM-CPP、2019年)が主催する女子中高生の理系進路選選択支援事業です。

産学連携

キオクシアは、理学・工学の学術発展および若手技術者の育成への貢献を目指して、産学連携などオープンイノベーションを通じた人材交流を積極的に推進しています。

2019年度は早稲田大学や電気通信大学との包括的な連携や公募型の奨励研究により、全国の計17大学と、半導体に加えて、情報システム、環境、医療など幅広い領域で連携を実現しました。

今後は、このような国内での取り組みに加えて、米国マサチューセッツ工科大学 Synthetic Neurobiologyグループとの共同研究をはじめとして、海外との連携も図っていきます。

 

最先端のメモリ技術開発、若手科学技術者の育成に向けた人材交流

早稲田大学との連携活動協定

2018年、当社は、高度情報化社会を支えるために必要なメモリ技術に関する最先端の研究開発、および若手科学技術者の育成にむけて、早稲田大学 理工学術院総合研究所と連携活動協定を締結しました。フィージビリティ・スタディ研究による革新的な基盤技術につながる共同研究テーマの創出と、若手奨励研究による人材育成を実施しています。

 

連携活動協定の調印式の様子

左から早稲田大学の石山研究推進担当理事と当社の早坂技術統括(役職は当時)

電気通信大学との連携協定

当社は、AIをはじめとする分野でオープンイノベーションを加速することを目指して、2019年に電気通信大学と連携協定を締結しました。AIを活用した生産技術や半導体メモリに関する研究開発、および人材交流を通じた若手技術者の育成にむけて、「画像処理、生産制御、行動解析技術」、「次世代情報通信技術」、「ナノテクノロジー技術」などの分野において、広く連携しています。

 

連携協定の調印式の様子

左から当社の早坂副社長と電気通信大学の福田学長(役職は当時)

キオクシア奨励研究

当社は、2018年度より、理学・工学のさらなる学術的発展に寄与することを目的に、公募型の研究助成金プログラム「キオクシア奨励研究」を実施しています。2019年度は半導体技術のみならず、AIや情報処理の領域を含む、22件の研究テーマを採択しました。特に優れた成果を創出した研究テーマに対し、3件の優秀研究賞を授与しました。

ステークホルダーの皆様へのメッセージです。

持続可能な社会の発展に貢献するためのキオクシアグループのサステナビリティ活動をご紹介します。

キオクシアグループの事業が社会課題の解決に向けてどのような貢献をしているかご紹介します。